看護物語の一覧

「家に帰りたい」
2019.09.13

「家に帰りたい」

6階病棟は外科・内科の急性期病棟です。 今回子宮癌で緩和目的で入院されたAさんとの関わりを紹介します。 ~患者紹介~ Aさん 50歳代 女性 家族構成 弟と同居。弟との関係は良好とは言えない 病名:子宮癌 ステージⅢa 経過:呼吸苦あり救急受診。緩和目的で当院入院とな...

きらり看護~ネイルで笑顔を~
2019.08.07

きらり看護~ネイルで笑顔を~

きらり看護~ネイルで笑顔を~ 急性期病棟 今回、4階病棟では化粧療法を行いました。化粧療法とは、高齢者や認知症の人などに行われる化粧やネイルを用いた治療方法です。メーキャップやスキンケアを通して、心身へ良い影響を与えます。指先を細かく動かすことで脳だけではな...

きらり看護 急性期病棟
2018.10.23

きらり看護 急性期病棟

4階病棟では重症度が上がり、人工呼吸器をつけている患者様も少なくありません。Aさんは、入院時より「髪を洗いたい!」・「お風呂に入りたい!」と訴えていましたが、呼吸状態が悪化し人工呼吸器を装着することになりました。 少しでもAさんに爽快感を得てもらいたい!少しで...

地域包括ケア病棟におけるレクリエーション
2018.08.31

地域包括ケア病棟におけるレクリエーション

2階 介護福祉士 2階病棟の患者様は病気の治療後に在宅や施設への退院の前の中継地点として入院される方がほとんどですが、レスパイトや社会的入院の方々もいます。  そこで、病棟での介護士の役割でもあるレクリエーションが患者にどう影響しているのか考えてみようと思い...

~アイスが食べたい~
2018.08.10

~アイスが食べたい~

急性期病棟の6階では、治療目的で入院後、容体が変化し看取りとなることも多くあります。そのため、急性期からターミナル期までの看護を必要とし、患者・家族の思いや希望を尊重できるように日々取り組んでいます。  今回、心不全による下肢浮腫、胆道ステント留置中であるが...

メイクセラピーを実施して
2018.07.01

メイクセラピーを実施して

5階病棟は地域包括ケア病棟としての役割を担っています。急性期の治療を終え、地域へ帰るためにリハビリに励んでいる方や、退院を目指して病気の再発予防のための取り組みを行っている方々もいらっしゃいます。日々一生懸命に病気と向き合う患者様に、日常のささいな喜びを感...

いつでもどうぞ。よろこんで。
2018.05.19

いつでもどうぞ。よろこんで。

外来グループ 日本看護協会の外来看護の定義は疾病を持ちながら地域で療養・社会生活を営む患者やその家族に対し、安全で安心・信頼される診療が行われるようにまた、生活が円滑に送れるよう調整を図りながら看護職が診療の補助や療養の世話を提供することをいう。と提示され...

4階病棟のクリスマス
2017.12.28

4階病棟のクリスマス

4階病棟は、脳外科・整形外科・神経内科の急性期病棟です。ベッド上安静が必要な患者様や日常生活は自立している患者様、退院間近だったり終末期の患者様など…様々な病状・ADLの患者様がいらっしゃいます。患者様は、日々病気からの回復を望んで治療やリハビリに励んでいます...

フットケアはじめました
2017.11.17

フットケアはじめました

外来看護師 上村・中川・田代 糖尿病の患者さんは感染症を起こし易く重症化しやすいことからフットケアは大切と言われています。 そこで糖尿病慢患外来では足の感染症を起こし易い7月からフットケアを基準化し開始しました。 対象患者さんはHbA1cが8.0以上の患者さんですが...

お誕生日会
2017.03.08

お誕生日会

7階病棟 7階病棟では、誕生日を迎えた患者さんに対して、月一回程度のペースで誕生日会を企画、開催して、お祝いをしています。 リハビリが必要な患者さんの場合、入院が長期にわたることも多く、病院で誕生日を迎える人も多くいます。そんな患者さんに、少しでも誕生日の気...